CHECK

カーテンはどう選ぶ?生地に必要な性能や種類などお役立ち情報を分かりやすくご紹介

このサイトではカーテンの生地に必要な性能や種類など、お役立ち情報を分かりやすくご紹介しています。
様々なタイプがある中から、どのようにして選ぶべきか分からない場合にはきっと参考になるでしょう。
スラットの角度を調節することが可能な、ブラインドタイプの製品に関しても解説しています。
メリットを生かして取り入れてみるのも良いかも知れません。
また注文をする前の、採寸方法をしっかり覚えることの大切さもご紹介しています。

カーテンはどう選ぶ?生地に必要な性能や種類などお役立ち情報を分かりやすくご紹介

カーテンを選びたいけれど、種類が色々あるので迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。
カーテンの中でも代表的な形状といえばドレープタイプのものが挙げられます。
さらにレースタイプのものも、現代の日本における定番の1つです。
他にカフェやシェード、ロールスクリーンなど様々なタイプがあります。
最もカーテンに必要とされる性能は、目隠しと遮光でしょう。
ほかに遮熱や防音・防炎などの、性能が高められた製品もあります。

レースカーテンは機能や生地によりいくつかの分類がある

室内の印象を変えるインテリアアイテムの1つにカーテンがありますが、一緒に使用するレースカーテンに色々な種類があることをご存知でしょうか。
一見どれも同じに見えるレースカーテンも、生地に分類がありそれぞれ機能が異るため、目的に応じて選ぶことが大切です。
一人暮らしの方や道路に面した部屋、隣の家が近く外からの視線を遮りたい、目隠しをしたいといった場合におすすめするのが遮像レースやミラーレースタイプです。
前者はしっかりとした厚みや特殊な繊維を使用しているため、昼間も夜のように光を遮ることができます。
後者はマジックミラーのように光を反射しながら、外から透けにくくする機能を持っています。
光を反射することが必要なので、昼間の目隠しをしたい人に向いていますが、生地が軽やかなものが多いので日中外からは見えにくいのに中からは外の景色が見えるメリットがあります。
夏場の紫外線による日焼けを避けたいなら、UVカットタイプがおすすめで、約90%以上のUVカット率のタイプなら肌の日焼けはもちろん、畳やフローリングなどの床、家具の日焼けも防ぐことができます。

スクリーンカーテンは垂直方向に開閉するインテリア製品の一つ

スクリーンカーテンはロールカーテンなどとも呼ばれ、垂直方向に開閉できるのが特徴です。
そのため、窓辺でのカーテンとしての用途だけでなく、空間の仕切りや目隠しとしても活用されています。
スクリーンカーテンの操作方法はいくつかの種類があり、主流なのはチェーン式とプルコード式の二つです。
チェーン式は、取り付けられたボールチェーンを引っ張ることで、スクリーンを垂直方向へ上げ下げする操作方法になります。
手前と奥に2本のチェーンがあり、それぞれを引くことで上下に動く仕組みで、巻きズレなどのトラブルが少ないメリットがあります。
チェーンが子どもなどに絡んで事故が起きないよう、事故やトラブルを予防するための機能がついています。
プルコード式はスプリング式とも言い、コードを引くことでスクリーンを操作します。
コードを引いた分だけスクリーンが下がり、少しだけ引いてから手を離すとバネの力で自動的に巻き上がるため、手間がすくなく楽に操作できます。

ドレープとレース2種の生地で組み合わせた一体型カーテン

カーテンといっても現代ではいろいろな種類があります。
遮光タイプが最近は人気です。
日差しが強く、紫外線対策をしたいという時などに重宝することでしょう。
また、デザイン性も豊かになってきており、機能性に限らずデザイン性で選ぶ人も少なくありません。
場合によっては窓の形状に合わせてオーダーメイドすることもあります。
このように、まずは用途や目的に合うものをしっかりと吟味して選ぶことが大事です。
その中の一つにドレープとレース2種の生地で組み合わせた一体型カーテンというものがあります。
最初から組み合わさっているので、一つ一つ選んで購入せずに済むところがとても楽です。
価格も手頃なものが多くなっています。
カーテン一式を取り揃えたい時などには、こういった一体型を選んでみるのもいいかもしれません。
いずれにしても、専門店での購入を検討してみましょう。
専門店なら種類も多く、様々な要望に応えられる商品が多くなっているからです。

ドレープカーテンは遮光・断熱・遮音などの機能を持つ

ドレープカーテンとは、厚地の生地で仕立てられたカーテンを意味し、遮光性や断熱性など様々な機能を持ちます。
「ヒダ」の意味を持つドレープを冠した名称の通り、窓に使用すると波打つような形をしているのが特徴です。
ドレープカーテンの機能は主に遮光と断熱で、ほかにも生地によっては防炎や遮音などの効果が期待できます。
遮光は窓から射し込む太陽光などを防ぐ効果で、等級によって分類されています。
同じ生地から作られた製品でも、カラーが違えば遮光等級が変わることがあります。
基本的に濃い色の方が光を遮り、赤やオレンジなどの暖色系よりも、青や紺などの寒色系の方が遮光率が高めです。
高密度に織り込むことで生地に厚みをもたせたドレープカーテンは、熱の流れを遮る断熱効果が高い種類も存在します。
窓からの日差しは室温上昇の大きな原因となるため、室温が上がる夏場や、西日が入り込む部屋におすすめです。
ほかにも、燃えにくい生地を使った防炎効果が高い種類もあり、火事の際に火の回りを遅くします。

カーテンに関する情報サイト
カーテンの生地の性能や種類

このサイトではカーテンの生地に必要な性能や種類など、お役立ち情報を分かりやすくご紹介しています。様々なタイプがある中から、どのようにして選ぶべきか分からない場合にはきっと参考になるでしょう。スラットの角度を調節することが可能な、ブラインドタイプの製品に関しても解説しています。メリットを生かして取り入れてみるのも良いかも知れません。また注文をする前の、採寸方法をしっかり覚えることの大切さもご紹介しています。

Search